toggle
2017-10-11

ポールスミスのニット事件

 

ポールスミスのニット。

左胸に可愛いビーズの蜂モチーフがついています、、、が、

こんなことに!!!

何があったのでしょう?

よくよく話を聞いてみると、、、容疑者が浮かび上がって来ました。

画像を入手したのでご覧ください。

、、、

犯人は、、、

 

こいつだ!!

可愛い顔してなんと大胆な犯行!

取材を続けているうち、この犯人、いや、犯犬、スコティッシュテリアのソジャ君。(日本名は大豆君)ということが判明しました。

動機について聞いたところ、

『むしゃくしゃしてやった。キラキラしているものならなんでもよかった』

と供述している模様です。

 

被害者は怒り心頭な心と、ソジャ君可愛さの間で葛藤を繰り返したということです。(想像)

 

ニットの持ち主はお気に入りのニットがみるも無残な姿になり、この先どうしたら良いのか途方にくれながら、なんとか直して!!でもポールスミスっぽくして!!と持ち込みになられました。

ポールスミスっぽく?

なかなかの難題です。

とりあえずお預かりし、考えること30分。(早)

 

こんな感じに仕上げてみました

 

不幸中の幸い、ソジャ君のお腹に飲み込まれることなく、蜂のビーズモチーフはそのままの形で残っておりましたので、なんとかこれを使いたい、ということで。

お花にとまる蜂さん〜

ウールの毛糸で葉っぱと花のモチーフを作りました。

先日お渡しし、被害者さまも気に入られたみたいで、こちらも幸いでございます。

この犯行が繰り返されても、お花畑のニットになるから安心だね。ソジャ君。

(や〜め〜て〜ぇ〜、、、:被害者談)

この記事が気に入ったら

Share
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA