toggle
2016-09-05

ソング・オブ・ラホール

event_cd

久しぶりに映画を見に行ってきました。

ソング・オブ・ラホール。

 

パキスタン・イスラム共和国にあるラホールという街、かつてはインド亜大陸で芸術の中心で、映画製作やその音楽も盛んだったそうです。

1970年代末頃からイスラーム化が進み、民族音楽が衰退、国内にファンがいないなら、ジャズ界に打って出よう!

と民族楽器でジャズに挑むというドキュメンタリーです。

彼ら、サッチャル・ジャズ・アンサンブルの演奏はテレビやネットで話題になり、ついにNYに招かれることに!

公演のリハーサルの様子は大丈夫?本番間に合う???とドキドキ。

でもしっかり嬉しそうに観光もしちゃう彼らの様子が微笑ましく、演奏技術の素晴らしさに魅了されました。

9月の東京JAZZフェスティバルにも来日したそうですね、観に行きたかったな〜〜

 

今回滅多にしない前売り券を購入しました

なぜなら、ビリヤニスパイス付き!!だったからです。

映画の前に、ビリヤニも作って食べて準備万端?で挑みました!!

 

この記事が気に入ったら

Share
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA