toggle
2018-01-12

MA-1タイプのジャケットのお直し

↑BEFORE

MA-1タイプのロングジャケット。

Aラインシルエットで裾が広がったデザインです。

裾にはリブが付いています。

この裾の広がりを無くしたい、とのご依頼でした。

両脇縫い目からカットしますが脇縫い目を利用した箱ポケットが付いており、

脇を詰めるとなると、ポケットを移動し、新しい縫い目に作り直す必要があります。

さらに裾のリブ。一度外して長さを合わせて付け直し。

ハギを入れて合わせることもできますが、やっぱり現状復帰が一番いい。

↑作り直した脇ポケット。

↑AFTER

画像ではわかりづらいですが、裾周で40センチ弱は詰まっております。

この記事が気に入ったら

Share
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA